ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.07.08 Sunday

畑の中でDIY テーブルと椅子のリメイク 2

 

 

作業2回目は 翌週。

桜の花はほぼ満開!!

お花見も楽しんでの作業です。

 

この日は妹夫婦が畑仕事のお手伝い、姪っ子は私の作業の助っ人に回ってくれました。

 

 

3/31

 

 

まずは友人宅にあるペンキのチェック。足りない色をまずホームセンターに買いに行くことから始めました。

友人の希望は ビアンキカラーのような感じ。

(自転車メーカー Bianchi の定番 チェレステカラー: 青緑色)

そのイメージに近い色はなかったのだけれど なんとかこじつけたような感じで決めた。 

 

帰って 始めたのは椅子の色塗り。友人が保有していたクリームホワイトをベースの色として塗っていくことに。

姪っ子と二人でざっくりとさっくりと塗っていきます。

 

 

3/31

 

お天気も良いので乾きが早い。二人がかりで進めるのでかなりスピードアップ。

姪っ子優秀な助っ人です。

作業現場はキウイ棚の下。

塗り終わって乾かしている状態の椅子たち。

 

 

3/31

 

 

そのあとは グリーンのペンキをラフに塗っていく作業。

ラフに塗るのって好きです。

 

 

3/31

 

テーブルの足は姪っ子にお任せ。

 

3/31

 

 

3/31

 

ここまでで本日の作業はタイムアップ。

 

 

3/31

 

竹の下草を刈っていた妹が 見つけた筍。

まだちょっと小さくて早かったけれど2本みつけて掘って

お昼ご飯の時に皮ごと七輪で焼いて食べましたよ。

なんて贅沢!

 

 

3/31

 

 

ここの窓から見る桜 大好きです。

 

 

そして この作業の続きは次回に続きます。

 

 

2018.07.07 Saturday

畑の中でDIY テーブルと椅子のリメイク 1

 

 

春、友人宅の畑の中に置いてある ダイニングテーブルと椅子のリメイクをしてきました。

 

梅雨明けしてこの暑さですが 春先の話です。

ことの始まりは 3月の初めに 町田の友人から栗畑の落ち葉掃きしてくれ〜ということで

お友達のMちゃんと姪っ子と女子3人で駆けつけたのです。

 

 

 

ガンガン栗畑の下に落ちまくっている落ち葉やイガを集めて 穴の中に放り込みました。

上の写真はビフォーアフター。頑張ったよ〜〜。

 

 

 

その時休憩に使ったこのダイニングテーブルをリメイクすることになったのです。

畑仕事は苦手なので その代わりにこの作業でいつも美味しい野菜やスイカをいただくお礼です。

 

 

 

それから2週間後、お庭の白木連が満開。

畑仕事を手伝いに行くMちゃんの自動車に 工具をしこたま詰め込んだバッグとともに同乗させてもらい

現場に到着。

 

 

 

 

雨ざらしでボロボロの椅子、雨が降った後は座るとお尻が濡れてしまう。

 

 

 

 

テーブルトップもボロボロなため コンパネをドーンと乗せてあったテーブル。

テーブルトップはこのコンパネを使うことにします。
まずは テーブルトップと座面を取り外す作業から。
電動ドリルでネジを外していきます。 蜘蛛がいたよ〜〜(泣)

 

 

外したテーブルトップは案の定見るも無残に朽ちていた。

椅子の座面の下の板も使えそうにないので焼却処分することに。

ブルーシートの下は栗の葉っぱと栗のイガ、2週間ほど前に集めたもの。

もう一つこういうのがあるんだよ。

それとともにこのダイニングセットの残骸も燃やしてもらう。

 

外した椅子とテーブルは 軽トラで畑の下へ運んでもらって 水場でザブザブと

泥を洗い流す作業。

 

 

椅子の座面は 友人が買い置きしていた野地板の束があるというのでそれを使うことに決定。

簡単にベンチのように板を張ることにした。外に出しっぱなしになるので簡単にリペアできるしね。

 

野地板をサンダーで表面をなめらかにしていく。これがなかなか結構な作業なのだけれど

汚れも気にせずガンガン作業できるのは楽しい。
お昼ご飯を挟んで作業は続く........。

 

3/24

 

 

やすりをかけてなめらかになった板を カットしてカットした切り口にもサンダーをかけたところで

タイムアップ!

また日を改めて続きをすることになる。

 

 

シートバッグ

 

 

工具運び用に作ったシートバッグ。 ホースではなく共布色違いを持ち手にした。

重いものを運ぶにはこの方が断然丈夫だからね。

 

 

この項続きます。

 

 

 

2018.05.16 Wednesday

畑の中でDIY テーブルと椅子のリメイク 3

 

 

予定していた土曜日が天候が良くなくて 翌日の日曜日に3回目の作業。

この日は援農組がいないので トコトコと電車で現場に向かいます。

絶対今日中に仕上げると心に固く誓いながらね。

 

青空が出て本日も作業日和。

作業場にしているキウイ棚も緑の葉っぱが顔だしてきた。

1週間前はまだ枝だけだったのに........。すごいなー。

 

 

4/8

 

作業はテーブルトップと椅子の座面のペンキ塗り。

まずは 下地にガーデン用のステインを塗っていきます。

雨ざらしになるのでここはしっかりと塗る。

 

4/8

 

 

4/8

 

 

乾いたら ペンキを塗っていきます。色はクリームホワイト。

前回椅子の下地に塗った色です。

 

4/8

 

 

 

 

4/8

 

横の細長い角材は テーブルの縁周りに付けるためにステインを塗って 白を塗って

仕上げにビアンキカラーのグリーンの色を塗ります。

 

 

4/8

 

テーブルトップの上にキウイの影が映っていい感じ。

 

 

4/8

 

ペンキ塗りが終わったところで 取り付け作業。

ガンガンとドリルで板を取り付けていきます。

しっかりと隙間なく座面を作ろと思っていたのですが 座れればいいのでということで

こんな感じで仕上げました。

 

 

4/8

 

 

テーブルトップと脚の部分もビス止め。これは脚部分にもともとあったビス穴を使って斜めに

ビスを入れていく。穴に逆らわなければ斜めに入るようになっているので私にもちゃんとできた。

でも斜めは入れにくいね。

最後の仕上げにテーブルの縁。ボンドを塗って その上からビス止め。

テーブルトップは面積が大きいのでクリームホワイトだとちょっとピリッと感がないなーと

いうことで この後 私が持参した白のペンキをざっと塗ってクリームな感じを少し消しました。

とりあえず出来上がったのを畑の方でなく庭の方にテーブルと椅子を運び入れる。

ちょっとグリーンのペンキざっと塗りすぎちゃったな。と写真を見て反省。

もう少し塗っても良かったね。

 

 

4/8

 

この後 このテーブルでコーヒー飲んで 3週間通っての作業は終了。

 

4/8

 

その後 このテーブルセットは畑に行かず。このまま庭に置かれているようです。

 

4/8

 

時々 お庭でご飯を食べたりしているそうで 当初の予定より活躍しているようです。

気に入ってもらえて良かった。

 

 

 

 

この日のおみやは たけのこ。先週はまだまだだったけど 数日前からニョキニョキと

頭を出し始めたようです。

大きいのを2本もらって 電車の中から妹に たけのこ茹でてメール。

たけのこご飯 美味しかった。

 

 

 

 

 

2018.05.14 Monday

シートバッグ KUPU にて発売中です。

 

お知らせが遅くなってしまいました。

5/11 よりKUPU にてシートバッグ、今シーズン分が店頭に並んでいます。

 

 

 ↑

金曜日にアップされた写真をお借りしました。

写真に写す前に半分ぐらい行き先が決まってしまっていたそうで。
ずっと昨年からお待ちいただいていたお客様もいらしたとのこと 
本当にお待たせして申し訳ありませんでした。
リピーターの方もいらっしゃるとのこと本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

まだまだ 大丈夫とブログでのお知らせを呑気に構えていたのですが

ごめんなさい、在庫がもうあまりなくなってきました。

 

12日 時点での在庫は下記の通りです。

好きな数字がまだ残っているようでしたらお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

 

 

.....................................................................................................................................................................

Msize…9
Lsize…3.4.6.8.10.K.A


ご注文はダイレクトメールかメッセンジャーでご連絡下さい

お問い合わせは電話にて
0471-82-5510

お値段(税込)
L ¥5616
M ¥4536

L横60cm縦34cmマチ18cm
M横48cm縦30cmマチ14cm

送料648円にて配送も承ります

■ ホームページ http://kupu.jp/

 

■ Instagram  kupuknit

 

■ Facebook  KUPU https://www.facebook.com/kupuknit/

..........................................................................................................................................................

 

 

 

 

実は今回 黒とシルバータイプも作ったのですが 渋くってかっこいいなと
ただ時期的にどうかなと 2つしか作らなかったのですが 荷ほどきしている時に
行き先が決まったということで  来シーズンはもう少し作ります。

 

 

 

 

 

わたしのバッグもいい感じに クタクタになってきました。
シートバッグ第1号です。

 

 

 

 

 

2018.02.06 Tuesday

あずきと麹で あずき甘酒?

 

 

FBでシェアされて知ったあずきを使った甘酒?あんこ?正式には何て言うんでしょうね。

作り方は甘酒とほぼ同じ、ご飯を小豆に変えただけ。

炊飯器を使って作るレシピでしたが わたしは甘酒を作りたくて買ったヨーグルトメーカー&

甘酒メーカーを持っているのでそれを使って作ってみました。

 

分量だけはレシピ通りに 小豆と麹は同量を守ってあとはいつものように 適当に。

温度にはちょっと気をつけます。

 

小豆は一回茹でこぼししてアクを抜いて 指で潰れるくらいの柔らかさに煮ます。

ほっておいたせいで危うく焦がすとこだった、あまり水分が残ってない状態で小豆が茹で上がる。

あとは 温度を60℃ぐらいにさまして麹を混ぜて 55℃から60℃の間に収めて甘酒メーカーに。

小豆の温度を下げるのにちょっとお水を入れた(こういうところはせっかちなんです)

 

この甘酒メーカーは55℃までの温度設定なので55℃で設定。時間は甘酒と同じで8時間設定。

途中1時間ごとに2回ほど混ぜて、あとはほっておく。途中気が向いたときに混ぜる。

 

そうやってできたのが これです ↓

 

 

 

 

甘酒もなるべく水分少なめに作って薄めて飲むようにしているのでこれでわたし的にはOK。

柔らか目のあんこみたいな感じに出来上がったかな。白いつぶつぶが麹。

優しい甘さに出来上がり。甘い小豆の後に麹の味が付いてくる感じです。

ちょっと味が馴染んでないように思ってしまった。

冷蔵庫で保存しているうちに最初に感じた味がバラバラなイメージが少なくなったのは

そういうものなのか舌の方が馴染んだのかは不明。

出来上がったばかりの時は特にバラけた感じが際立ったので ??マークがついた。

それではと 豆乳を入れてみたらこれは成功。

 

 

 

 

 ↑

豆乳を投入したところ。混ぜてスプーンで食します。今回は温めず冷たくそのまま。

小豆のままだとわたしには甘すぎるのでこれでちょうど良い感じです。

 

 

 

 

白玉を入れたりしてもいいかなと思ったのですが白玉粉のストックがなかったので

ほうじ茶アガー(糖分なし)を入れた。これは有り!きな粉も合うと思う。

 

 

 

 

でもこの次はやっぱり甘酒作っちゃうかな。甘酒は調味料にも使えるからね。

ヨーグルトには甘酒の方が合うし。

 

でもたまのおやつには良いかも。

 

 

お友だちがこ甘酒メーカーを見つけてきてくれたのでお願いして一緒に買ったもらったのだけれど

お互いに甘酒作りに活用しております。

塩麹も作れるんだって。

わたしが使っているのは 下のものと同じもの。

 ↓

 

 

 

 

 

2018.01.30 Tuesday

きょうの作業台:jan.30

 

 

 

 

 

 

ついに 1mの直定規を買ってしまった。

重いけどその重さは必要であると実感。振り回すわけではないので重くっても大丈夫。

 

 

 

 

ホースも届いた。

 

 

 

ことしも作ります。

 

 

 

 

 

 

 

2018.01.29 Monday

小物を飾るケース

 

 

 

 

 

年末大掃除の最中に急ごしらえで作った 小物を飾るケース。

以前から作ろうと思いつつ先延ばしにしていたのですが ついに重い腰を上げて作りました。

基本は 100円ショップのケース。

それをペイントして バックになる部分に雑誌から切り取ったものを貼って 棚をつけただけ。

棚部分は我が家にあった木っ端。

重いものを乗せないのでボンドで貼っただけ。
急ごしらえの割にはうまくいったのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ベースのケースは 多分ダイソーで購入したものだと思います。
蓋の部分が クリアでスライドしていくのでスッキリしているのが気に入って買ったもの。
ずいぶん寝かしてしまいましたが。
基本 お部屋をデコレーションすることは無しにしています。
ずーっと以前には ちまちましたものをあれこれ飾ったこともありましたが
お掃除が苦手な身としては 埃を拭ったりモノをどかしつつ棚を拭くというのが
めんどくさい。パタパタとはたきをかければ飾ったものが倒れるし。

 

そんなわけでいまは 必要なものだけ出しておく方向に........。
それもかなり物量があるのでごちゃごちゃです。
目指せ掃除のしやすい部屋。

 

そんな中それでも チマッと飾っていたものを 箱の中に詰めてしまえば少しは楽チン
かなということで前々から作ろうと思っていたもの。

 

 

 

 

中に入れたのは えりすけさんのお家と keriさんのしろくま。
しろくまは ストラップだったものを棚を切った時にできた小さな木っ端にボンドで貼り付けたもの
木っ端を貼り付ける前に色を塗らなかったのは失敗。
後先考えずに思いつくと手が動いてしまってこういうことになる。
いい加減白くペイントせねばと思っているところ。

 

 

 

 

Powered by
30days Album